バッグ修理とお手入れとともに

ファスナーはファスナー部+布という形で革製品に取り付けられています。革質のよい一流ブランドのカバンであってもそれに変わりはなく、カバン本体である革は丈夫であっても、ファスナーはファスナーメーカーから仕入れているため大きな違いはありません(もちろんメーカーによっては特注品もあります)。この部分が壊れると使用できないのでしょうか?いいえそのようなことは決してありません。ファスナーを交換すれば良いだけです。

ファスナー洋服についているファスナーは自分で交換も可能ですが、革、しかも何重にもなっている丈夫なバッグのファスナーです。そう簡単には交換はできません。そのためバッグ修理は専門業者へ頼んだほうがよろしいでしょう。最近は自分で革製品を加工している人も増えていますが、一流メーカーのバッグともなると革質も違いますし、なにより縫製方法も違います。バラして戻せないことや、なにより革自体に傷をつけては耐久性に問題もでてきますので、やはり専門業者に頼んだほうが無難だといえるのです。

最後にお金持ちはなぜバッグにここまでこだわるのでしょうか。革製品は使えば使うほど馴染みますし、愛着もわいてきます。自分だけでなく次の世代に引き継げるものです。手入れや修理を重ね、思い出と一緒に次の世代へと引き継ぐのです。その為に丁寧に修理してもらえる専門業者へ依頼するのです。

推奨サイト・・・バッグ修理|靴専科のサービス|靴専科